ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> 包装紙とダンボールが無い時代 

包装紙とダンボールが無い時代 

ダンボールが無い時代 包装紙

プレゼントなどにはきれいな包装紙でかわいらしくラッピングすると喜ばれると思います。

包装紙の包み方もバリエーションに富んでいて、趣味でラッピングをしている人もいるくらいなのです。

天然素材で作られているために捨てられても土に返りますが、段ボール古紙は、他のものと区別して回収されることが必須となっているのです。

紙の取り方も包み方も一番簡単な包み方で、キャラメル包みとも呼ばれているのです。

紙の中央に箱を置いたら、片方の端を1センチから2センチ内側へ折っておくのです。

包んだときにこの折った辺が中央に来るように紙を合わせておくようにしましょう。

段ボールの実用性が産業界、物流分野で注目されるようになっているのです。

ふろしきはどんな形のものでも包む事が出来、使い捨ての包装紙と違って繰り返し物を包むことができるのです当初は緩衝材として使用されていた段ボールですが外装用、木箱等に代わる輸送容器としても使用され始めたのです。

位置が決まったら、端を折っていない方の紙を箱にかぶせるのです。

紙がたるまないように、軽く引きながら端を折った部分が真ん中にくるように合わせるのです。

合わせ目に沿ってテープで留めるのです。

横の処理に入ります。

箱に合わせてきっちりと折るようにしましょう。

小型だった製造機械も現在では大型化され、より良質な製品を大量生産出来るようになったようです。

ふろしきは大きなものを包む事が出来るのです。

使い終わった後は1枚の布に戻して小さくコンパクトに収納できるのです。

現在では物流を中心に産業界では段ボールは欠かせない存在となっているのです。

箱を回転させないで包むので、重い物、転がせない物を包むのに最適な包み方なのです。

紙の中央に、斜めに箱を置くのです。

手前の角から中央に向かって箱にかけていくのです。

横の紙をかぶせるときに、箱の角と対角線で結べる位置に紙を内側に折り込むのです。

全部の紙を箱の角の対角線に合わせて折っていくのです。

全部折ったら中央にシールなどを貼って留めるのです。

ダンボールは今の時代に求められる循環型社会に最適なリサイクル包装材といえるようです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。