ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> 風呂敷での持ち運び

風呂敷での持ち運び

ダンボールが無い時代 風呂敷持ち運び

ふろしきには持ち運びに便利な包み方がたくさんあるのです。

買い物バッグにするとビニール袋よりも丈夫で破れにくく、重たいものも安心して入れられるのです。

風呂敷が与える効果は、やはり日本的なイメージや雰囲気を醸し出してくれるので、時代劇に使われているのを偶に見ますがあの雰囲気は好きなのです。

小町娘もお侍さんも何気なしに持っている風呂敷がとても効果的に時代を感じさせてくれるものなのです。

風呂敷と言えば日本だけの物のように思われるかもしれないのですが、実はそうでもないのです。

用途や使われる意味合いの違いはあるにしろ、暮らしの道具のひとつとして風呂敷に似た方形の布を使う文化風俗は、 案外世界のあちこちに見られるようです。

さまざまな商品を国内はもとより海外まで安心して配送することができるのは、この優れた包装材であるダンボールだからこそといえるようです。

ふろしきの原型となったのは、奈良時代に風呂に敷く布として使われていたもので、そこから風呂敷という名が出来たといわれているのです。

また、室町時代、将軍足利義満が立てた大きな湯屋に公家達が招かれて入浴した時、衣類を間違えて持っていかないように家紋を入れたふろしきに包んだともいわれているのです。

日本の風呂敷に最も近いもので言えば、お隣の国、韓国のポジャギと呼ばれる包み布なのです。

儀式的な意味合いが強いとはいえ、日本の風呂敷と同じく目的や用途によって色々な素材やサイズで作られているのです。

ダンボールは地球を決して汚すことなく、大切な資源を繰り返し使用できるという素晴らしい包装材であり、国民の日常を大きく支える、なくてはならないものといえるようです。

庶民で使われるようになったのは江戸時代からで、銭湯でロッカーの代わりに、木綿の布に脱いだ衣類を包んだりするのです。

一度、海外の友人に風呂敷を送ったことがあるのです。

日本のことが好きなので、どんな物でも喜んでくれるのですが、日本的なデザインの風呂敷は特に気に入ったのです。

それで首に巻いたり、髪を巧く纏めたり、などの使い方をしている写真を送ってくれたのです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。