ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> 奈良時代もダンボールが無い時代 

奈良時代もダンボールが無い時代 

ダンボールが無い時代 奈良時代

外人さんが日本的な物を身に付けるって面白いのです。

風呂敷の出現について、時代は奈良時代にさかのぼるのです。

正倉院宝物の中に舞楽の衣装包みと考えられるものが残っているのです。

ネットで検索する場合には、ダンボールシート 購入 販売などとするよりも、ずばり板ダンボールとするほうが、ヒット率は高くなるようです。

風呂敷を選ぶメリットはたくさんあるのです。

何よりまず、かさばらないのが助かるのです。

ただでさえ何だかんだと荷物の多い海外渡航に、お土産でさらに荷物が増えるのは結構大変なものなのです。

でも風呂敷ならとってもコンパクトなのです。

平安時代には平包などと呼ばれ、庶民が衣類などを包んで頭に乗せている様子が描かれているのです。

また、この時代は入浴前後の着脱が布の上で行うことから、この布を風呂敷と呼ぶようになったのが起源とされる説があるのです。

業界では、ダンボールシートは板と呼ぶのが一般呼称なのかもしれないと思うのです。

比較的重く、硬い内容品の包装に適し、缶詰やビン詰め類の包装に多く使われているようです。

風呂敷は、結納の際にももちろん重要なアイテムで、大切な結納金や結納の品などを包んで渡す際に、大変便利なものなのです。

海外では風呂敷で物を包んで持っている人を見たことがないのです。

あれは、日本独特なものかもしれないと思います。

日本でも、大学生が教科書をそのまんま持っていたり、するのを良く見ますが、あれを風呂敷で包んだら、落とす必要もなく、教科書も傷まずに済むのに、と思うときがあるのです。

室町時代になると、風呂は蒸し風呂のようなものとなり、布が床に敷かれるようになっているのです。

これが風呂敷と呼ばれるようになったと言われる説もあるのです。

ダンボール箱は、主として輸送包装に使用されるため、輸送・保管中に起こる様々な障害から商品を保護することを第一として、ダンボールの持つ特性を十分把握した上で包装設計を行わなければならないのようです。

現在ではあまり普段は風呂敷を利用しないという人もいるかもしれないのですが、昔は風呂敷はバッグの代わりにも、包装紙の代わりにもなる大変便利なものとして重宝されているのです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。