ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> 江戸時代はダンボールが無い時代 

江戸時代はダンボールが無い時代 

ダンボールが無い時代 江戸時代

風呂敷にお土産を包んで御呼ばれしたご家庭に招かれて行くとすると、紙袋ではなく風呂敷な訳なのです。

ちょっと素敵なのです。

年配のお宅に行く時などは、これ絶対にお勧めできるのです。

この入浴の習慣は江戸時代にも継承されましたが、江戸時代の初頭には湯をはって入浴する銭湯が登場しているのです。

庶民も衣類などを包んで銭湯に出かけているのです。

段ボールは短納期で大量生産ができるので、高速自動包装ラインによる商品の梱包が可能となり、高い生産性を発揮するのです。

風呂で敷く布で包むことから、平包などの呼称は風呂敷包みや風呂敷との呼称が広がったようです。

こうして広まった風呂敷の呼称は、風呂で敷く布から包む布として行商人たちによって全国に広がったと考えられているのです。

紙製なので、加工も簡単なのです。

色々な素材との貼り合わせも可能になっているのです。

作業効率も良くなることから、展示会などでのテンポラリー使用にも威力を発揮するのです。

また、内容品に見合った最適な包装設計が可能であるためコストパフォーマンスも高いと言えるのです。

風呂敷というのは、その名前の通り、もともとはお風呂に入る際に脱いだ衣服などをホコリや汚れなどから守るために包むための布なのです。

風呂敷が与える効果は環境にやさしいといったことにつながってくるとおもうのです。

なぜならビニールなどを使わないで詰めるものとしてはかなり貴重なものですし、非常に持ち運びもしやすいために伝統的に残ってきたようです。

風呂敷の歴史は古く、風呂敷のような道具が使われるようになったのは奈良時代の頃だといわれているのです。

御物を包み保管するために使われていた布が、現在でも正倉院に残っているのです。

段ボールは、軽量でありながら頑丈なのです。

しかも外部の衝撃から商品を守る優れた緩衝性と、内容品の紛失や異物混入を防止する気密性があるため、安全に内容品を運ぶことができるのです。

平安時代には古路毛都々美と呼ばれ、衣類を包むなど収納用の道具として使われていました。

風呂敷の歴史は古く、奈良時代までさかのぼることができるようですが、江戸時代になると入浴の習慣がつき、風呂敷と呼ばれるようになっているのです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。