ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> ダンボールが無い時代に着物を包む

ダンボールが無い時代に着物を包む

ダンボールが無い時代 着物包む

室町時代、将軍足利義満が大名たちをもてなした大湯殿で、脱いだ着物を布に包み、入浴が終わるとその上で着替えをしました。

それが風呂敷の語源とされているのです。

ただ、当時、ものを包む布は平包みと呼ばれていて、風呂敷という呼び方が定着するのは、江戸時代中期のことなのです。

ふろしきは、日本人の暮らしの身近な物の中で、和の伝統をずっと引き継いでいる物なのです。

奈良時代に包む物として始まったと言われているのです。

元禄時代には、包み、運ぶための風呂敷となり、富山の薬売りをはじめとする商人たちの必需品となったようです。

屋号を染め、商品を包んで背負い、江戸の町を歩くことで宣伝効果が大いに上がったのです。

江戸時代中期に銭湯が発達し、お湯を張る風呂が一般的になり、風呂で使う布は、敷くよりも包むものとして用途が残ったのです。

手ぬぐいや浴衣、洗面用具などを風呂敷に包んで銭湯へ通う習慣が生まれ、風呂敷は日常的に使われるようになったようです。

形に関係なく運ぶことができるので、重宝され、屋号や商標を染め抜いた、ふろしきは、商人たちにとって、シンボルともいえるのです。

風呂敷で包むことによって、荷物をコンパクトにまとめることができるという利点があるほか、汚れから防ぎ、かつ相手に丁寧な印象を与えることもできるのです。

奥義の形状は末広がり。

日本では、古くから先端が広がった形状を良いこととし、将来の展望が広いことをあらわしてきたため、扇も柄も吉祥とされているのです。

近世事物考に寛保の頃より平包の名はうしないて、物を包む布を皆ふろ敷と云なりという記述があり、平包と風呂敷という呼び方が混在する時期を経て、風呂敷という呼び方が定着したと考えられているのです。

今の時代、環境を考えて、買い物袋の再利用などリサイクルが見直されてきているのですが、使い捨て商品や便利な物はあふれていて、包装のむだが減ってきているようには思えません。

風呂敷は万能ともいえる包装素材であるのです。

平包みと呼ばれる包み方は隅を縛らず、畳むようにくるむものなのです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。