ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> ダンボールが無い時は紙やビニール

ダンボールが無い時は紙やビニール

ダンボールが無い時代 紙やビニール

包み上がった時柄が出るように包む時方向に気を配って広げるようにしましょう。

ふろしきは、持ち運ぶという利点ではエコバッグがいま大流行になっています。

ポイントは結び目なのです。

使っていてもゆるむことなく簡単にほどける真結びがエコバッグのよさを引き出してくれるようです。

紙やビニールではできない風呂敷ならではの魅力ですね。

荷物は普段使わない物から詰めていくようにしましょう。

ダンボールに詰める時に注意してほしいのは、大きいダンボールには重い物を入れないということなのです。

また、丈夫で破れる心配もなく、持ちやすいのです。

レジ袋のようにきつく手に食い込むようなことはないのです。

使わないときには小さくたためて場所をとりませんし、持ち運ぶ場合にもかさばらないのです。

数ある風呂敷の包み方の中でも、お酒の瓶の包み方は種類も多く、また良く知られているのです。

結び方を工夫して、さまざまな包み方があるのです。

風呂敷を使いこなすには結構時間がかかるのですが、常にエコロジーを意識しながら自分なりの楽しい活用をしてみるようにしましょう。

きっと、日本の昔から伝わってきたふろしきの新たな発見があると思うのです。

大きいダンボールには、重い物を入れたくなりますが、そうすると運ぶ時に重くて持ち上げられなくなるのです。

小さいダンボールに重い物を入れて、大きいダンボールには軽い物を入れるようにしてください。

さすが古来より長い間、生活に欠かせない道具として使われてきただけあって、便利です。

ふろしきは、レトロだけど、モダンで、日本古来の柄と色遣いで懐かしけど、新しい雰囲気もあるものなのです。

今、風呂敷がバッグに変化を遂げているのを知っているでしょうか。

生活用品などは、引っ越し後すぐに必要となるようですので、引っ越し業者に運んでもらわず自分たちで運ぶようにしてください。

そうすれば、もし荷物の到着が遅れたりしてもとりあえず生活に困ることはないのです。

また、実用的な面だけではなく、風呂敷は日本の伝統である包む文化を代表する道具でもあるのです。

包むという行為には、ものを大切にし、心をこめて扱うという意味があるようです。

ふろしきバッグはとてもおしゃれなアイテムなのです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。