ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> ダンボールが無い時には

ダンボールが無い時には

ダンボールが無い時には

風呂敷は正方形なので風呂敷の中心部分にその日本酒をポンと置くのです。

そして、花びらが蕾に戻る時のように包めばよいと思うのです。

ダンボールの組み立て方ですが、普段はガムテープを使わずに、交互に組み合わせる方法で、使用している方もいるかと思うのですが、底や上を閉じる時は、必ずガムテープを使うようにしてください。

エコのためにというだけでなく、生活を豊かにする彩りとして、ウキウキした気持ちで楽しめるものなのではないかと思うのです。

風呂敷の最大の利点は包むということなのです。

お使いものの包みは一番ベーシックなのです。

また丸いものを綺麗に包むすいか包み。

意外と簡単な一升瓶一本包みとふたつ包みなどがあるのです。

風呂敷の基本的な使い方ですが、ものを包んだ上で運ぶという使い方も、挙げておきたいと思うのです。

大きなもの、平らなもの、長いもの、細かいバラバラしたもの、カバンに入らないものなども、風呂敷に包めば、運びやすくなるのです。

スマートに運ぶことができるのです。

運ぶために、風呂敷が果たせる役割があるのです。

ふろしきは、持ち運ぶという利点ではエコバッグがいま大流行なのです。

ポイントは結び目なのです。

使っていてもゆるむことなく簡単にほどける真結びがエコバッグのよさを引き出してくれるようです。

紙やビニールではできない風呂敷ならではの魅力なのです。

風呂敷って本当に不思議ですよね!着物などを運ぶ時も風呂敷に包んでおくと横向きのまま着物などが運べて便利なのです。

日本人としてこの正方形の布切れは、万能なのです.箱の形状ではないので、シート状、ロール状で保管することができ、省スペースで在庫にも便利です。

風呂敷が日常生活に欠かせなかった時代、風呂敷を使った荷物の運び方には、手にさげたり、腕に抱えたり、肩に背負ったり、肩にのせたり、頭にのせたり、首にさげたり、腰にさげたり、棒などに結んだりなど、いろいろな運び方があったようです。

ふろしきの活用を色々と覚えれば鞄の中に風呂敷を1枚入れて置くだけで登場の瞬間が楽しみなのです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。