ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> 風呂敷の種類

風呂敷の種類

ダンボールが無い時代 風呂敷種類

一方、必要以上の強い力や衝撃を受けると段がつぶれてしまいます。

ダンボールは1箱1種類づついれるようにしてください。

風呂敷の絵柄もたくさんあるようですから、敷物として活用するのもよいと思います。

風呂敷はモノを包むのに使われますが、その包むものに応じて包み方が変わるのです。

お中元とかお歳暮とか、改まったものに使う場合は平包みという包みかたにするのです。

これは布を一切結ばずデパートの包装紙のように包むだけの方法なのです。

いろいろな大きさの箱を用意しておいた方が良いと思うのです。

また、極端に重い物をいれてしまうと、箱が壊れる原因になり大事な荷物を傷めてしまう可能性があるようです。

江戸時代になると、入浴の際着物を包み、入浴後広げて敷いてその上で着衣したことから風呂敷と呼ばれるようになっているのです。

元禄頃に包みと風呂敷の融合がなされ、平裏も包む道具としての風呂敷と呼ぼれるようになっているようです。

風呂敷は江戸時代から伝わる最も重宝された布なのです。

銭湯に行く時に道具や着替えを包んで行き床に広げ着替えたのが由来とか言われているのです。

風呂敷の機能は全く変わらないのに、私たちは生活の向上とともに風呂敷の良さを見失っていたような気がするのです。

江戸時代に活躍した商人たちは風呂敷に商品を包み諸国を駆けめぐったのです。

一時は紙袋に押されていた風呂敷も環境保護・省資源という観点からその役割は見直されているようです。

風呂敷ってなんてエコなんだろと、今地球温暖化でエコロジーが叫ばれる中で改めて関心してしまうのです。

エコバッグもたくさん出ていますがついつい畳むのを忘れバッグに入れるのを忘れなんてことあるようです。

これもお中元とかお歳暮とかの時に使えますが一つだけ結ぶのでモノが落ちたりすることも無く使い勝手も良く見栄えもまあまあいいのでよく使われている結び方なのです。

そして覚えていて正解だったのはバッグにして使う方法になっているのです。

特に本などは、あまり大きな箱に詰めると重くなりすぎて、運ぶ時にも大変です。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。