ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> ダンボールが無い時代に衣服を包む

ダンボールが無い時代に衣服を包む

ダンボールが無い時代 衣服を包む

今でこそダンボールを使って普通に衣類を梱包していますが、昔は服も着物ですし、どうやって包んでいたのでしょうか?

現代は着物を包むダンボールは「ヤッコ型」という形の種類があるようで、いろいろなホームページに紹介されています。

例えばダンボールの形の種類はこことかでわかります。

ダンボールは丈夫に出来てるとはいえ、紙の箱だということを忘れてはいけないようです。

若い人の中には風呂敷を使ったことがない人もいるかもしれないと思います。

風呂敷は元々衣服を包むための布だったのです。

風呂敷という名は、風呂に入る際、衣服を脱ぐところに布を敷いたことからきたとも、蒸し風呂の床に敷いた布からきたとも言われています。

風呂敷は使い終われば必ずたたむのです。

小さくなるし、なんといっても軽いようです。

そして包む中身に合わせて大きさを調節できるのです。

丸い物・長いもの・瓶類・洋服などなど。

お弁当包みは私たちにとって一番身近なのです。

今は巾着が多いけど昔はみんな包んでいたのです。

江戸時代には風呂場や衣類だけでなく、さまざまなものを包み、保管したり運んだりするための布として広く使われるようになっているのです。

人間は手を使い物を包み紐を結ぶという手段があれば、ビニール袋を使用せずにエコに繋げることができるようです。

そして何度でも繰り返し使えるからゴミも出ないのです。

結び方によってはきんちゃくになったりインスタントバッグになったりスーパーでのお買い物包みになったりはたまたリュックにもなったりするのです。

環境にもやさしく、産業廃棄物となるプラスチックダンボールやエアーキャップ、ミラーマットと異なり、トータルコストも低くなるようです。

あの正方形の布がリュックに大変身するというのには驚きなのです。

風呂敷の最大の特徴は、正方形の布というもっともシンプルな形でありながら、多彩な包み方によってどんなものでも包んでしまえるという柔軟性なのです。

しかも、使わないときは折りたためば、かなり大きなサイズでも懐に忍ばせておけるくらいの小ささになるようです。

ふろしきは、今や色や絵柄・素材・大きさなどたくさん出回っていますからファッションにも取り入れることもできます。

まず家にある風呂敷探してみてみるようにしましょう。

1枚の布から無限に広がる便利さや魅力で、楽しくエコロジーしてみてはどうでしょうか。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。