ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> ダンボールが無い時代の荷造り

ダンボールが無い時代の荷造り

ダンボールが無い時代 荷造り

何を包むかですが、贈答品を包む、自分の荷物を包む、それから、ワインボトルとか、お花を包む、すいかや瓶を包むなどが考えられるのです。

基本的には、使わないものから梱包を行っていくと、スムーズに荷造りを行うことができるようです。

現代で風呂敷を使う場面というと、まず思い浮かぶのは贈答品を渡す時ではないかと思います。

日本人には、物を直接手渡すのは失礼だという感覚が伝統的にあるのです。

そこで、贈答品を風呂敷に包んで持っていって渡すようです。

ふろしきが醸し出す、モダンな柄や色合いがとても注目されているのです。

風呂敷は従来、ものを包み込むのに使用する布ですが、最近は違った使い方をされるようになってきているのです。

その代表的な例がバッグですね。

風呂敷の原型となったものは、奈良時代に風呂で敷く布として使われていたもので、そこから風呂敷という名前が出できたといわれているのです。

引越し業者に依頼することもできるようですが、結構割高なのです。

コーヒーカップやワイングラスなどの割れ物は、ダンボールに隙間なく、きっちりと詰めると割れにくくなるのです。

隙間には、タオルなどを詰めて、動かないようにするのがポイントになっているのです。

もっともこの場合、風呂敷ごと相手に渡すわけではなく、あくまで自分で風呂敷から取り出して品物だけを渡すのが一般的な作法とされているのです。

そのため、わざわざ風呂敷で包む意味がないのではないかと思う人がいるかもしれないと思います。

持ち運びの道中での汚れ除けといったことだけなら紙袋でも何でもかまわないはずなのです。

近年は様々な資源不足が世界中で叫ばれるようになり、世界を挙げてエコを心がける時代となってきているのです。

風呂敷は通常は布なので、小さく折りたたんでバッグにしまって持ち歩くことができるのです。

外出先でお買いものをした際など、風呂敷をちょっと工夫して結ぶだけで包むのではなく、エコバッグに早変わりするようです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。