ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> その時代は風呂敷が欠かせないもの

その時代は風呂敷が欠かせないもの

ダンボールが無い時代 風呂敷欠かせないもの

庶民の間にも風呂敷が広く普及したのは江戸時代で、銭湯などで自分の衣服を風呂敷に包んでおいたのです。

また、火事のときにすぐに逃げられるよう、風呂敷を布団の下の敷いて寝たり、行商には商品を運ぶものとして欠かせないものになっていたのです。

ダンボールは必ず多めに用意するようにしましょう。

近くのスーパーやコンビニでは大量のダンボールがでるので気軽に分けてもらえるのです。

引越業者から手に入れる方法もあるのです。

中には無料でダンボールを用意してくれる業者もありますので問い合わせてみるようにしましょう。

引越業者が使うダンボールはサイズが規格化されているので積み荷が楽にできるのです。

とは言え、風呂敷に包むことで改まった感じが表現されるのも確かなのです。

きれいに包まれた風呂敷を相手の目の前に置き、包みをほどいて品物を取り出すのです。

この仕草が優雅で美しいものであればあるほど、品物を贈るという行為そのものにも何かが付け加わるのです。

それを昔の人は奥ゆかしさと言われていたのです。

風呂敷についてのはっきりした文献はないのですが、歴史はかなり古く奈良時代ごろから存在していたと言われているのです。

今では物を包むイメージが強いのですが、もともとは文字どおり 風呂に敷く布 であったのです。

江戸時代の代表的な小紋柄の1つで、鮫のうろこのように、小さな点を一面に染め抜いた型染の紋様なのです。

きれいに並んだものを行儀鮫、乱れたものを乱れ鮫ともいうのです。

大名が着る裃につける小紋定小紋にも用いられたのです。

雑誌や書籍を簡単にヒモがけだけで済ませるのは荷崩れしやすくお勧めできないのです。

面倒でもダンボールに収納するようにしましょう。

またダンボールの底面は折り畳むだけではなく必ずクラフトテープで固定するようにしましょう。

またダンボールからはみ出すように詰め込むとトラックに収納する際にムダなスペースができてしまうのです。

また袋詰めも強度の点で問題があるのです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。