ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> 風呂敷の活用方法

風呂敷の活用方法

ダンボールが無い時代 風呂敷活用

本などの重いものは、一番小さいダンボールに詰めるのが基本となっているのです。

大きいダンボールに入れてしまうと、あまりにも重過ぎて、つぶれてしまったり、運ぶ人に負担がかかってしまいますので、注意するようにしましょう。

まあ、難しいことを考えなくても、紙袋からガサゴソと品物を取り出すのと比べてみれば、風呂敷のほうがはるかに見た目が美しいのは誰が考えても理解できると思います。

入浴は心身を清めるための非常に尊厳な行為だったため、裸ではなく白布の衣を身につけて入るという作法があったようです。

風呂敷は広げたその上で座って行儀よく服を脱いだり、着たりするための布だったのです。

その後濡れ衣を包んで帰ったということも増えてきて、ただの敷布から 包む 用途も加わったのです。

もちろん、風呂敷は贈答品だけにしか使えないわけではないのです。

機能性という点でも風呂敷には大きな魅力があるのです。

現在日本での風呂敷の活用法としては、お使い包み、巻結び、瓶包みなど物を包むことが一般的ですが、もっと現代にあった自由な風呂敷の活用法はないものなのでしょうか。

古くは、動物の胃袋や内臓を転用したり、皮を縫い合わせて袋状に加工したのです。

恐らくはそうした原始的な包装資材は、当時は非常に高価であったと想像されるのです。

ダンボールなどの梱包資材は、無料で引っ越し業者がサービスしてくれる場合もあるのですが、無料分で足りない、あるいはサービスが全くないのであれば、ダンボールなど自分で用意しなくてはならないのです。

風呂敷の包み方は、包むものによって変化するのです。

もっとも一般的な包み方は風呂敷を敷き、物を風呂敷の中央に置いて、風呂敷の対角線上の二端で品物を包み込み、もう一方の対角線上の二端を結ぶというものなのです。

これをお使い包みと言い、簡単でありながら物がこぼれ出すことのない包み方なのです。

いろんな包み方も合ってそれこそバックにもなるから、最近では風呂敷はお洒落な物にイメージも変わってきているのです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。