ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールが無い時代 >> ダンボールがない時代

ダンボールがない時代

私たちの身近にあるダンボールは、意外なところで意外な使われ方をされていたりすることがあります。

ダンボールと言うと「物を送る」「収納する」と言う発想にどうしてもなりがちですが、現在ではこれらの想像を超えた様な使われ方をすることも増えてきていますよね。

例えば、子供用の「ダンボールハウス」などは人気のアイテムですし、他にも「ダンボールの収納箱」「ダンボールのおもちゃ」などもあり、いずれもかなりの人気となっています。

それに、展示品を並べる棚をダンボールで作ったり、ダンボールで応接セットを作ったりすることもあると言われています。

この様に、用途がかなり広くなりつつあるダンボールですが、ダンボールが無かった時代ももちろんありますよね。

そんな時はどうしていたのでしょう。

ここでは、そんなダンボールと「ダンボールがない時代」についてお話をしてみたいと思います。

ダンボールが無かった頃、私たちの祖先はどうやって生活をしていたのでしょう。ここでは、そんな「ダンボールが無かった時代」についてお話をしてみたいと思います。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。