ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> ダンボールの活躍の場

ダンボールの活躍の場

ダンボールといえば、以前は「物を発送する際に使用する紙の箱」というイメージが非常に強いものでした。

主に「引越しをする時に使用するもの」という印象が強くあり、今でも一番にそれを思い浮かべる人も少なくないと思います。

もちろん、今でも引越し業界でダンボールは活躍していますが、それ以外の活躍の場も広がってきています。例えば、子供のおもちゃ。ダンボールハウスや机、椅子などは「簡単に解体できて、処分ができるもの」としてかなりの人気があります。

実際、最近はインターネットショップでも「子供用のダンボールハウス」などを販売しており、デザインや色を含めてかなりの種類があります。

また、インテリア家具にダンボールを使用することも増えてきているみたいですね。

「家具にダンボールなんて!」と思う人もいるかもしれませんが、ダンボールは強度が高いのに軽いので、加工しだいでは家具として十分使用することができます。

中には、インテリアやお店のディスプレイとして活用しているショップもあるそうですよ。ダンボールは加工も簡単なので、「これがダンボール?」と思ってしまう様な商品が出来上がることもあります。

私たちが思っている以上に、ダンボールはさまざまな場所で活躍しています。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。