ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> ダンボールの歴史

ダンボールの歴史

ダンボールは、もともと「紳士の必要必需品であるシルクハットの汗を取る為」にイギリスで開発されたもの。

その後、アメリカで「ガラス製品を梱包する際に使用された」ことをきっかけに、梱包材としての道を歩み続けることになりました。

日本でダンボールが作られたのは明治42年のことだそうですが、当時のダンボールは今の様な「両面ダンボール」ではなく、「片面ダンボール」だったそうです。

今の様な形になったのは戦後のことで、日本の経済が急成長すると共にダンボールも普及、様々な形で利用される様になったと言われています。

ダンボールは「リサイクル商品」としても非常に高い水準を保っており、一度使ったダンボールを再度加工して使用すると言う取り組みが定番化しています。

更に、近年は「梱包材」としてだけでなく「子供のおもちゃ」「家具」として使用されることも増えてきており、その活躍の場が広がってきています。

ダンボールの歴史はまだまだ変遷を辿っていると言えるでしょう。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。