ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> 風呂敷とは

風呂敷とは

今ではあまり見かけなくなりましたが、「風呂敷」は、日本の古い文化に欠かすことができない道具です。

「風呂敷」と言うのはほぼ正方形の形をしている布のことで、物を包んだりくるんだりする時に使うものです。

素材は綿や絹が多く、現在ではデザイン性に優れたおしゃれな風呂敷もたくさん見かける様になりました。

ダンボールなどが普及せず、大きなバッグなどもなかった昔、風呂敷は「気軽に物を包んで持ち運ぶことができる道具」として非常に重宝されていた様です。

持ち物が多様化している現在ではあまり見かけなくなった風呂敷ですが、現在では「風呂敷をバッグの様にして使用することができる輪」なども販売され、人気を集めている様です。

これなら、布状にしたりバッグにしたりと用途が自由ですよね。

バッグに入れて持ち歩いて、荷物が増えたら組み立てて風呂敷でバッグにする...と言う使い方もできそうですよね。

今でも、頻繁に着物を着用する機会がある人は「風呂敷」を愛用している様です。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。