ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> 風呂敷の歴史

風呂敷の歴史

今でこそ誰でも気軽に購入することができる風呂敷ですが、昔は「一般人は持つことができないもの」だったと言われています。

それもそのはず、昔は「舞楽装束」と言うものを包むために使用されていたのだそうです。

現在で言う「風呂敷」とはちょっと違う使い方ですが、これが風呂敷の発祥だと言われています。

また、奈良時代には「蒸し風呂で、スノコの上に敷く布(スノコの下には薬草が詰められている)」として使用されていたこともあります。

つまりここから「風呂敷」と言う言葉が生まれた訳ですね。

室町時代になると、足利将軍の湯屋で浴槽に浸かる時に「着物を間違えないため」に家紋入りの風呂敷に衣装を包んだとも言われています。

こうした歴史を見ると、風呂敷と言うのは非常に古い時代から存在し、愛用されてきたものだと言うことが解ります。

バッグなど、便利なアイテムがたくさんある現代で、「風呂敷」はあまり見ないものとなっています。

でも、姿を変えて使用され続けている風呂敷は、これからも日本の歴史に名を刻んでいくでしょう。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。