ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> ダンボールとエコロジー

ダンボールとエコロジー

ダンボールと言えば、「エコロジー」と言う観点で見直されつつあるものです。

ダンボールのリサイクル率は数ある製品の中でも非常に高くなっており、かなりの確立でリサイクルに成功していると聞きます。

また、最近は「おもちゃや家具としてダンボールを使用する」と言う取り組みも行われており、多くの場所でダンボールを見かけることが増えてきました。

リサイクル率が高いダンボールを見る機会が増えたと言うことは、身の回りのものがリサイクルにまわされる率が高くなっているということかもしれませんね。

また、ダンボールでは「ダンボールを使ったエコロジー」も盛んに行われています。

これは「ダンボールコンポスト」と言うのですが、これは家庭で出た生ゴミを土に返すことができるもので、「ゴミを減らすことができるエコアイテム」として愛用されています。

誰でも簡単に作ることができること、土は肥料として使用することができることから、多くの人がダンボールコンポストに挑戦しています。

ダンボールをエコロジーにする取り組みは、様々な所で行われているのですね。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。