ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> 自然にやさしいもの

自然にやさしいもの

ダンボールの特徴と言えば、やはり「自然に優しい」と言うことではないでしょうか。

リサイクル率が高く、加工が簡単なダンボールは、多くの場所で色々な使い方をすることができます。

ダンボールのリサイクル率は非常に高く、古紙を利用してダンボールを作ることができますし、ダンボールをダンボールにリサイクルすることも可能です。

他にも、牛乳パックや紙コップなどもダンボールにリサイクルすることができるそうです。

こうしてリサイクルされた分、有効に使われる自然が増える訳で、だからこそダンボールは「資源に優しいもの」と言われているのです。

また、ダンボールは「リサイクル」だけでなく、「ダンボールコンポスト」など「ゴミを自然に分解する箱」を作ることも可能です。

ダンボールコンポストはダンボールに土などを入れるだけで簡単に作ることができるもので、更にできた土は肥料として使用することも可能ですので、ぜひ多くの人に使ってみて欲しいと思いますね。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。