ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> 様々な包み方を覚えよう

様々な包み方を覚えよう

風呂敷と言えば、やはり気になるのが「包み方」です。

せっかく綺麗で美しい風呂敷を手に入れたのですから、できればそれに相応しい包み方を覚えておきたいものです。

ここでご紹介したいのが「ティッシュボックス」の包み方です。

風呂敷の中央にティッシュ箱を置き、手前と奥の布でティッシュボックスを包み、両端の布を結ぶこと。

これだけで、とっても素敵なティッシュボックスを作ることができます。

他にも、お祝い品を包むときにぴったりな「大輪の花」や「小輪包み」、「うさぎ包み」「瓶包み」など、様々な包み方があります。

これらの包み方を覚えておくと、プレゼントをする時にとても便利だと思いますよ。

こういうお洒落な包み方を知っていると、いざと言うときに周囲にさりげない気配りをアピールすることができます。

ぜひ、ひとつでも多くの包み方を覚えてみて下さい。

紙ではなく風呂敷を使ってのラッピング、受け取る方もきっと喜んでくれると思いますよ。

楽しく風呂敷の包み方を覚えたいですね。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。