ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> 風呂敷の素晴らしさ(1)

風呂敷の素晴らしさ(1)

風呂敷にはいくつもの魅力があります。

だからこそ、日本人の心を捉えてきたといえるでしょう。

風呂敷の魅力を大別すると、風呂敷の布としての魅力と、風呂敷の機能美の魅力ということになるでしょう。

まず風呂敷の布としての魅力ですが、風呂敷の専門店にいったことのある方ならわかるとおり、一口に風呂敷といっても、その素材、大きさ、柄などはまさに多種多様です。

大きさ一つとっても小さな小物を包むためのハンカチーフくらいの大きさのものから、ちょっとした手土産を包んでいける大きさの風呂敷、さらには相当に大きなものも包み込んでしまえるかなりの大きさのものまで様々なものが揃っています。

さらに風呂敷の素材には、綿や絹を定番として、毛織物で作られたものや、化学繊維で作られたものもあります。

手触りのよさを楽しむためには、やはり自然素材を選ぶということになるでしょうが、使う頻度の多いものは、洗濯のしやすさなどから化学繊維の風呂敷も重宝するものです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。