ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> 木の箱は重い

木の箱は重い

物を運ぶには、今ではダンボールが主流になっています。

しかし、その昔では、ダンボールなどありませんでした。

そこで、ダンボールの代わりになるのが、箱です。

箱と言ってもダンボールで出来たものではなく、木やカゴのようなもので運んでいました。

木やカゴの場合、繰り返し使うことが出来るので、それはエコになると思うのです。

汚れたり、壊れた時には、交換すれば良いのでそれまでの期間、使い続けることが出来るのがメリットでしょう。

しかし、ダンボールが出来てからは、全てダンボールに代わってしまいました。

ダンボールは壊れにくく、軽くて丈夫だからです。

しかし、紙で出来ているダンボールは、水や衝撃には弱い側面もあります。

その他には、袋なども使われていました。

袋は麻で出来たものや紙で出来たものなど沢山の袋があります。

でも、袋の場合、形がまちまちになり、衝撃や水濡れには弱いので、運ぶ手間はダンボールの方が格段に上でしょう。

木の箱の場合、それ自体重いため、荷物を入れることで重さが増します。

大量に運ぶことが出来ないと弱点もあります。

その箱自体は丈夫で多少の振動や落下、水濡れにはビクともしませんが、思いことには変わりはありません。

それぞれの利点を使うことが出来れば、エコであり安全に品物を届けることができるのでしょうけど。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。