ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> ダンボール以前は木の箱

ダンボール以前は木の箱

ダンボールの利点は軽い、丈夫、運びやすいではないでしょうか。

それに比べ、木や袋の場合、重い、安定しない、壊れやすいと言ったことが予想されます。

ダンボールが無い時代では、みかん箱やリンゴの箱などは木で出来ていました。

その当時、木は燃やすことで、お風呂の燃料やストーブの燃料にもなっていました。

しかし、現代では、お風呂はガスや電気に変わってしまいました。

ストーブはヒーターの場合、灯油が使われています。

木の箱の場合、それ自体がゴミとなってしまいます。

木の大量伐採が問題になっています。

そんな中、木の箱を使っていたのでは、環境問題にも発展しかねません。

ダンボールの場合、それ自体、再生紙を使っていますので、既にエコ商品なのです。

でも、ダンボールが無い時代には、色々と工夫して安全に品物を運んでいたことでしょう。

今ではめっきり見なくなりましたリアカーです。

それ一杯に荷物を積んで行商している人がいました。

ダンボール以外では、それ自体に重さもあるため、リアカーを動かす自体大変だったようです。

今では、あまり見なくなった行商ですが、なかなか風流なものです。

リアカーの運転も慣れないと重さで前に進むことは難しいこともあります。

登り坂などは、二人かがりで運搬していました。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。