ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> 紙が貴重な時代

紙が貴重な時代

今じゃ簡単にコピー用紙や、色紙などが販売されていて、紙という物が簡単に手に入る時代になってきていると思います。

ですが昔はどうだったのでしょうか?それら紙がなかなか手に入らない、ましてやダンボールなどが無かった時代にはどういう風になっていたのでしょうか。

そういう場合には、風呂敷という布で包んだり、木箱を利用したりする事が主になっていたのです。

昔は荷物を運搬するのも、大抵が自分の足でする事になるでしょうから、風呂敷などに必要な物を包んで、目的地まで向かったのだと思います。

ダンボールが無い時代なりに、それらの工夫はされてきていたのでしょう。

今じゃ何かと便利になって、ダンボールにつつんで運搬会社に頼めばそれらの荷物が自分で行かずとも簡単に届けて貰う事が出来ると思いますが、そうは出来なかった過去、どうやって荷物を運ぶかと工夫が沢山されてきたはずです。

木箱だってそう安く作れるわけでも無いでしょうから、一部からしたら貴重な物でもあったと思いますし、そうして考えていくと何かと不便が大きかったことでしょう。

今じゃ紙という素材を使って出来ている様々な便利商品があると思いますが、それらが無かった時代、また紙が貴重な物として取り扱われていた時代には、どういった工夫がされていたのかを見直してみると良いと思います。

案外面白い発見があるはずです。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。