ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> ダンボール・風呂敷を畳む

ダンボール・風呂敷を畳む

皆さんも知っていると思いますが、ダンボールというのは、組み立てるのにガムテープなども必要ですし、一度使うだけでも強度が結構落ちてしまいますから、あまり繰り返し使うのには向いていません。

それに畳んだとしても、結構幅を取るものでしょうから、そうして考えていくと、案外不便もあるのでしょう。

最近では簡単にダンボールなども注文できる事から、必要になれば容易すれば良いんじゃないかと思う人も居ると思いますが、資源を使っていることに変りはありませんし、色々と問題になる点もあるでしょう。

それに比べて、昔から利用されてきた風呂敷というのはどうでしょうか。

ある程度大きい布であれば、荷物を包むのに問題は無いでしょうし、確かに布ですから雨などには弱いですが、それはダンボールも近いものがあるはずです。

丈夫さなどには欠けますし、包むことは出来ても守ることが出来るかというと微妙な所でしょう。

ですが必要な時に簡単に取り出して、そうでは無い時は小さく畳んでしまっておくことが可能になりますから、そうして考えていくと案外便利な物でもあるはずです。

場所をとらずに、かといって使えないものではないという事。

どちらも使い道をよく考えて、使い分けする事が必要になると思います。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。