ダンボールが無い時代トップ >> ダンボールの今と昔 >> 布から形に

布から形に

布というものは畳んでしまうことも簡単だと思いますし、風呂敷などとして利用されていた昔は、簡単に仕舞える上に様々なものを包むのに便利で役立ってきたものとして重宝されてきたことでしょう。

ですが現代は風呂敷というものを利用するという機会はほぼ無いといってもいいと思います。

基本的に人が荷物を運ぶ際には、布などと言っても鞄であったり、商品などを運ぶ場合には紙袋やダンボールなどを利用される事が増えてきているはずです。

ダンボールというのは特に便利なものとして皆さんの中でも認識されているとは思うのですが、それらによって運搬などが楽になったという話しはよく聞くものなのではないでしょうか?

皆さんの身近にある食材やら雑貨というのは、元はダンボールなどに梱包されたものであったりするのではないでしょうか。

そうして考えていくと、布という自由自在に形を変えて商品を包めるものばかりではなく、ダンボールのように箱という形を取っているものも案外重要なものになるのではないかと思います。

特にダンボールの強度というのは、商品を守るという意味でも重要な役割を果たしているはずです。

過去から現代へと少しずつ改善された点はあると思いますが、その改善には勿論何かしらの理由があるという事です。

ダンボールが無い時代へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。